まちなか里山公園づくりの会


里山公園

「まちなか里山公園づくりの会」は、2010年4月に設立された市民団体で、七尾市田鶴浜町のまちなかにある里山「東嶺寺山」をフィールドに、里山公園づくりに取り組んでいます。

 

東嶺寺山は、七尾市田鶴浜町の起源ともいえる東嶺寺の裏山になっている山です。会では、この里山がもつ本来の自然生態系を保全し、希少生物の保護や森林環境を里山公園に整備することで、将来の子供たちの健全育成と町民の憩いの場づくり、ひいては七尾市の観光スポットとすることを目的に活動しています。

 

東嶺寺は、かつてこの地方の領主であった長家の菩提寺として建立され、そのときに二人の指物師を招き、戸障子・欄間の製作にあたらせたのが田鶴浜建具の技の発端となり、優れた技術を持つ二人に村人は競って弟子入りし、それ以来、精巧で優美な細工と高度な仕上がりを持つ田鶴浜建具の製造が始まったという逸話をもつ寺でもあります。

 

会では、この田鶴浜町のシンボルとも言える東嶺寺の背後に広がる山で、6年計画で里山公園づくりの作業を毎月2回の定例作業日を決めて進めています。活動は2010年度を初年度として現在、3年目となりました。

 

 

ボランティアの会員約30名が、公園造成のための竹林間引き伐採、雑草・雑木の刈払、清掃、散策周回道の造成、関係設備の建造設置など多岐にわたる活動をすすめており、この活動が、本年度の「いしかわ森林環境基金森づくりボランティア推進事業」の助成を受けることとなりました。

 

 

バンクからは、この助成事業について、清算払いが完了するまでの「つなぎ融資」として、会に対して44万円を融資することとしました。

 

 

融資により、里山公園づくりの活動が継続的に展開され、竹チッパーを活用した竹林の間引きや散策周回道の造成、しいの木広場づくりが進む予定です。

 

会の活動は、フェイスブック公式ページ「まちなか里山公園づくりの会」からもご覧になることができます。(https://www.facebook.com/pages/まちなか里山公園づくりの会/228246020634199?fref=ts)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です