「お金について考える」

いつもおもしろい企画を考える、西田幾多郎記念哲学館さんより朗報。

なんと濃い内容の!まるでバンクの設立を期待するお祝い企画のような!

実際に、記念館の学芸員さんたちは、NPOバンクにとても理解があり、3月の田中優さんの講演会にもお越しいただきました。

今回は、伝説になりつつある、NHKのドキュメンタリー「エンデの遺言」の上映と、当時のディレクターである鎌仲ひとみさんの講演も・・・・ああ、すばらしい。いまからとても楽しみです。

*****************************************************
    特別企画2009「お金について考える」
       【参加無料・申込不要】
     会場:石川県西田幾多郎記念哲学館
*****************************************************

●開催にあたって ———————————–
お金は、人類がこれまでに発明した中で、
最も影響力のあるものです。

お金の力は強く、まるで自然のように存在します。
私たちは、そのあまりの強さと自然さのゆえ、
それが人間の作り出した「しくみ」なのだということを忘れているのです。

では、私たちは、なぜお金というしくみを作ったのでしょう。
生活を豊かにするため、幸せになるために作ったのでしょうか。

「経済」とは、もともと「経世済民」の略で、
「社会を治め整えて、民を救い幸せにする」という意味でした。
でも、人間を幸せにするはずだった「経済」と「お金」は、
人間を不幸にすることもあります。

そもそも「お金」とは何なのでしょう。
現代において私たちは「お金」とどう関わればよいのでしょう。

今回の特別企画では、四つの講演会と一つの上映会を通して、
「お金」について参加者の皆さんと一緒になって考えていきたいと思います。

*****************************************************

■Ⅰ.講演会+上映会 ——————————–
 日時:11月15日(日)午後2時~
 演題:「エンデの遺言から持続可能な経済を展望する」
 講師:鎌仲ひとみ(映画監督・TV演出家・ICU国際基督教大学非常勤講師)
  詳しくは→ http://www.rokkasho-rhapsody.com/_credit/profile
 上映:「エンデの遺言─根源からお金を問う」(1999)
   〔NHKより無償提供〕
■Ⅱ.講演会 —————————————-
 日時:11月29日(日)午後2時~
 演題「お金、この憂鬱なるもの」
 講師:内山節(哲学者・NPO法人森づくりフォーラム代表理事)
  詳しくは→ http://www.uthp.net/
■Ⅲ.講演会 —————————————-
 日時:12月6日(日)午後2時~
 演題「新たな地域でのお金の循環 ~志民によるお金の共同管理のアプローチ」
 講師:吉澤保幸(税理士・㈱ぴあ顧問・場所文化フォーラム代表幹事)
  詳しくは→ http://www.womb-to-womb.jp/article/facta20081050.pdf
■Ⅳ.講演会 —————————————-
 日時:12月13日(日)午後2時~
 演題:「お金のイロハ、日本銀行入門」
 講師:味岡桂三(日本銀行金沢支店長)
  詳しくは→ http://www3.boj.or.jp/kanazawa/index.html

■協力・後援 —————————————-
 協力:石川県金融広報委員会
 後援:NHK金沢支局(予定)

■問合せ先 ——————————————
 石川県西田幾多郎記念哲学館
 〒929-1126 石川県 かほく市 内日角 井1番地
 Tel. 076-283-6600  Fax. 076-283-6320
 E-mail. nishida-museum@city.kahoku.ishikawa.jp
 HP. http://www.nishidatetsugakukan.org/

カテゴリー: ブログ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です