「みえるつながり ピースバンクいしかわ」

<小浦>
11月から、何度も集まって、来年スタートする「ピースバンクいしかわ(もう準備会じゃない)」の設立準備にかかっています。

例えば定款を整えたり、融資審査の手順を最終的に決めたり、バンクのキャッチコピーやロゴを決めたり、です。

えらい時間がかかっています。少しずつ進んではいますが、「ほふく前進」な状態です。

08年の秋から、準備会としていろんなことをやってきたので、あとはさくっとまとめる作業だと思っていたら、とんでもありませんでした。正直大変です。つまずきまくっています。

しかし、「志民」の「志金」を一番いい形で動かすため、妥協せずに進んでいきたいと思います。

運営委員会は、月に二回集まっていますが、そのほかの日にはメールで連絡を取り合っています。以下にお見せするのは、ある日にメーリングリストに流れたもの。キャッチコピーについて話し合った会議の議事録を、参加しなかったメンバーに向けて説明したものです。

少し、準備会の雰囲気を味わっていただければと、転送します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(ここから転送)
今日は、急遽、マインドマップのかわりに
KJ法を使って、今まで出てきた言葉たちをまとめる作業をしました。

KJに詳しいitaさんが、いろいろ教えてくれて
とても面白かったです。
出し尽くしてまとめあげた感が、ありました。

参加者(敬称略)
藤田・安野・小原・菅原・小川・山本・松井・小浦

最初に、「ピースバンク」から連想する言葉を
自由に 紙切れに書いて出しました。
参加できなかった方が、MLに流した文章からも
ひらいました。(全部はひらえなかったのですが。すみません)

・ひとりひとりが幸せのかけらをもっている
・ひとりひとりのpieceをもちよってpeaceに
・未来を描く1000ピース
・1000のチカラ。1000のユメ。
・パズル

上記の言葉群に、「ピース」と名前をつけてくくりました。

・みんなで作る地域経済
・地域活性化の御用聞き
・地域ツーカーを扱ってます
・再生
・みんなでつくる地域経済
・地域を循環
・地域密着、活性化
・地域
・地域のチカラの集大成
・地域活性化
・コミュニティ再生

上記の言葉には、「コミュニティ」と名づけました。
同じ言葉が2つ以上あるのは、
2人以上の人が書いたからです。

・おカネの地産地消
・市民による市民のための金融
・お金の地産地消

上記には「地産地消」と名づけました。

・お金の流れを変える
・お金の流れを変える
・つながり、関係を見える化するしくみ
・見えるバンク
・預けたお金の使われ方が見える
・おカネの流れのみえる化
・見える銀行

上記には「みえる 変える」と名づけました。

・つながる つたわる あたたかいお金
・つながり、つくる
・つながり
・派生型コミュニティ
・つながるBank
・つながる金融
・つながり
・顔の見えるつながり

これらは「つながり」と名づけました。

・planet people profit P’s bank
・インフラ メディア スクール
・みんなの金友機関
・世直し金融
・今後必要なビジネスモデル
・頼母子講
・頼猛志講

これらには「仕組み」と名づけました。

・自立と共創
・志
・志あるお金
・志民
・志金循環
・当事者意識を育む

これらには「志」と名づけました。

・人
・楽しい暮らし
・持続可能性
・有機的
・農業のような 人の思いと体を動かす

これらには「生きがい」と名づけました。
(BBB ぼけ防止バンク)

さらに、
「生きがい」「志」このふたつを括って「活」としました。

「見える変える」「つながり」「仕組み」
これらを括って「みえるつながり」としました。

「地産地消」「コミュニティ」このふたつは「場」としました。

「ピース」は、どこにも入らなかったので「ピース」のままに。

さて、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

「ピース」「みえるつながり」「場」「活」
この4つの言葉と、しばらくにらめっこしました。
さらに括れないか・・・とねばりましたが
無理でした。

「場」を、もともとあるものとして考え
(実際には、ネット上のコミュニティもあるから
地理的な地域だけとは限らないのですが)

「場」の上に集う「ピースたち・・・ひとりひとり」が
バンクを通じて「つながりを見える化」されることによって
「活」ある暮らしを実現する。

そんなふうに形どってみました。

「場」と「活」は、(バンクはさておき)、もともとあるもの、
と考えると、

バンクの存在意義を一番表す言葉は
「ピース」を「みえるつながり」のなかにおく、
という部分です。

なので、

①「みえるつながり ピースバンクいしかわ」

②「つながりがみえる ピースバンクいしかわ」

と、二つ並べて書いてみました。

①のほうがしっくりくる、という人がほとんどだったので、

「みえるつながり ピースバンクいしかわ」
が、キャッチコピーとして選ばれました。

それぞれの言葉を、それぞれに説明したり
互いの解釈に耳を傾けたり
議論に真剣になったので
メモが取れなくてすみません。
とても充実した時間でした。

itaさんや由田さんが慣れていらっしゃったから
スムーズだったということもありますが、
いままでいろんな議論をしてきたから
お互いに言いたいことがすぐわかって
その分、とてもやりやすく、納得いく話し合いが出来ました。
来れなかった方たちのために
全部録画しておけばよかったねと
言い合いました。
そもそも全員参加でやればよかったね・・・とも。

不参加の方たちで、もう一回
これをやってもらったらいいかも、という案も出ました。
しかし、
とても勝手な言い分になるかもしれませんが、
もう一回やっても、やはり
この結果になるような気すらしました。
それくらい、「出し尽くした」感が・・・・・

しかし、もちろん、反対意見、
「しっくりこない」気持ちの表明、
歓迎します。まだ時間がありますので。

そう書いている私自身が
「つながりがみえる。」のほうがいいんじゃないかな~と
今はちょっと思ったりしてます。
でもどっちでもいいです。
(あと、すがーらさんは、ボケ防止バンクにこだわっています)

カテゴリー: ブログ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です