エネルギーと地域の未来を描く三部作、金沢で公開

ピースバンクいしかわ 出資者 協力者の皆さまへ
GWに入りました、いかがお過ごしですか?
震災後、思考も感情も、さまざまに忙しく疲れてしまっている方も多いのでは。
少し、ゆっくり時間をとる期間になればよいですね。
今日はお知らせ3つです。
☆新保町花植えに行きました
☆シネモンドで話題の3部作公開
☆大人も子どもも、未来のエネルギーを考える
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★☆新保町のお花植えに行ってきました!☆★
先週お知らせした、新保町の花植えに参加してきました。
新保町は、まさに 「山里」。
大きな桜の木と、田植え前の田んぼ、大きく開けた空、すべてが The 山里。とても奇麗で、心が空っぽになりました。
「何もない」のかもしれませんが、だから「何もしなくていい」
ただそこにいるだけで十分な時間でした。
カエルや虫、野の花は楽しげに存在しています、子どもたちは走り回り、崖をよじ登って泥んこで
楽しんでいました。
糀料理研究家の小紺さんによる糀カレーの試食もありました。
ものすごくおいしかったです。
「野菜直売所 朝市 楽しんぼ」は
5月8日オープンです。
開催日時:毎週日曜日 9:00~12:00
開催場所:金沢市新保町入口(内川墓地公園を目指していくと、その先は「新保町→」と書かれた看板に沿ってすぐです)
開催期間:5月上旬~11月中旬
販売品目:野菜、山菜、米、漬物、きのこ類、加工品他
ここが自慢:手作りのおはぎや甘酒を楽しめます。花いっぱいの集落が見ものです。
お問合せ:朝市 楽しんぼ 代表 山村実代子 076-241-7774
8日には、甘酒やカレーなどを限定30名様に。
(※融資先 高木糀商店の糀が使われています ピースバンク注)
新保町の方の
「集落が花でいっぱいになったらいいな」という夢をかなえるべく
NPO39アースの方たちが取り組む芝桜の株植えも、この日、行われるそうです。
10軒だけの集落です。販売物は、十分な量を確保が出来ないかもしれません。
売り切れてしまっていたら風景だけ楽しむおつもりでお出かけください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★☆金沢市香林坊の109 4Fにある映画館「シネモンド」さんで、
エネルギーと地域の未来を描いた三部作が上映されます★☆
いま、他会場では立ち見が出る回もある話題作。
監督は、富山県出身の鎌仲ひとみさん。
伝説の番組「エンデの遺言」(NHK)でお金が人間社会を滅ぼそうとしている現実を描いた方です。
ピースバンクの準備会の時期に鎌仲さんからのアドバイスをいただいた御縁もありますのでご紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『ミツバチの羽音と地球の回転』
[2010/日本/2時間15分]
http://888earth.net/
瀬戸内海に浮かぶハート型の島「祝島」の人たちが
わずかな人数で26年間も原発建設に立ち向かってきた理由は?
脱原発どころか、脱石油宣言までしてしまったスウェーデンの人たちの暮らしとは?
暮らしを「自立」させることを目指す、祝島とスウェーデンの人たちの物語。
「知らなかった!」「希望を見た」「日本人はみんな見るべし」と絶賛された作品、
いま海外からの上映希望も続々来ているそうです・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『六ヶ所村ラプソディー』
[2006/日本/1時間59分]
http://rokkasho-rhapsody.com/
核燃料の再処理工場が建てられた、青森県六ケ所村。
そこに暮らす人たちの暮らしをていねいに描き、「賛成派も反対派もみんな観てほしい」とフジテレビの小倉キャスターに紹介された作品。
電気の裏側に何があるのか?
地域に原発が出来るというのがどういうことか?
上映後、日本中で若い人たちのいろいろなアクションが巻き起こった作品でもあります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『ヒバクシャ 世界のおわりに』
[2003/日本/1時間56分]
http://www.g-gendai.co.jp/hibakusha/
これを観る前と、観た後では、
核への認識がまったく変わった、
という人は多いようです。
いったん放出された放射性物質とそのゴミが、世界をめぐりめぐっていく様子が描かれます。
イラク、アメリカ、そして日本で、普通に生活している人々が知らぬ間に内部被爆し、緩やかに体を蝕まれていく現実。
震災後の世界を生きる私たちに必見の映画。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ミツバチの羽音と地球の回転」
金沢市香林坊シネモンドにて
5/7(土)~5/20(金)公開
※5/9(月)、10(火)、18(水)、19(木)は休映
5/9(月)、19(木)は『六ヶ所村ラプソディー』
5/10(火)、18(水)は『ヒバクシャ 世界の終わりに』を上映します。
<311以後を生きる:鎌仲ひとみ監督からのメッセージ>
http://www.uplink.co.jp/factory/log/003944.php
福島原発の事故によってすでに膨大な放射性物質が環境に放出されてし
まった。
放射性物質は自然循環に入り込み、私たちの元へとやってきた。
「ヒバクシャー世界の終わり」で私はヒロシマ・ナガサキ以降にうまれた新しい「ヒバクシャ」にイラクで出会った。
石油争奪戦争に打ち込まれた原子力産業のごみから作られた劣化ウラン弾がイラクの子供たちから命を奪っていた。
遠いイラクで起きていることと私たちが日本で毎日電気を使う生活がつながっていることをあまりにも多くの人々が知らなかった。
原子力発電に頼ることの内実、意味を「六ヶ所村ラプソディー」で問いかけた。
原発の正体、放射能汚染の危機を知ってもらいたかった。
そして、「ミツバチの羽音と地球の回転」で原発から足を抜く希望を描
いた。希望へと至る道程には絶望が埋め込まれている。
そこを経ること なくして希望を手にすることはない。
二本の映画を観て311以降に生きることの意味を見出していただきた
い。
そして考えていただきたい、私たちはこれから何をするのかを。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★☆エネルギーを考える「寺子屋」開催★☆
前回の「ワールドカフェ」でも話題になった
「これからのエネルギー」
これを、子どもたちとも一緒に考える企画があります。
持ち寄りの勉強会です。発表してくださる方も募集しています。
「Green Doors 未来への扉」
http://www.h4.dion.ne.jp/~ftc/greendoors.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★☆4月は新規で6人の方にご出資を頂きました。
ありがとうございます。
ピースバンクでは6月11日に、年に一度の総会を予定しています。
出資者さん同士でゆっくりお話しいただける時間を作りますのでどうぞご参加くださいませ。
(資料は5月中旬にお届けいたします)
**ピースバンクいしかわ 小浦むつみ**

 

カテゴリー: メルマガ(BackNumber) パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です