高木糀商店


2009年6月融資開始→(完済)

返済期間・金額
2009年10月~2010年2月 ¥30,000×5回= ¥150,000
2010年3月 ¥50,000×1回= ¥50,000
¥200,000-

■基本情報
屋号:高木糀商店(高はハシゴ高)高木糀商店1
代表者名:高木 竜
住所:石川県金沢市東山1丁目9番3号
営業時間:9:00~17:00
定休日:無休(お正月のみ休み)
TEL:076-252-7461

より大きな地図で 高木糀商店 を表示

創業:天保年間(江戸末期)約180年前

江戸期は、小さな造り酒屋がたくさんあり、糀を卸していた。
冬の大寒の頃、一般の人は、味噌を造るために糀を買いに来ていた。

■取り扱い商品
1)糀(主に冬場)高木糀商店の味噌と甘酒
2)味噌(年中) ¥800/Kg(税込)
3)甘酒(年中) ¥750/500g(税込)
4)かぶらずし(冬のみ)

■生産量(一部)
味噌8t/年間

■販売場所
本店(金沢市東山)
東京ストア
東京のデパート物産展

■なぜ家業を継いだのか
幼い頃から、常に周囲の人からライバルはいないんですよ~、フッフッフ…
「儲からないから家業は継ぐな」と言われ続けたが、自分では、継ぐ気でいた。

理由は後述の今後やっていきたいことに。

■高木糀商店と業界周辺の歴史
昭和の大量生産時代、味噌屋は組合で大量生産したものをブレンド販売することが主流になった。
が、高木家の6代目がその参加を断った。
(独自での味噌作りにこだわった)高木糀商店8代目ご夫妻と9代目?

■今後やりたいこと
本店の建築を含めて、今の暮らしを守っていきたい。

現代的な(建造物など)、建てた→朽ちていくのみといった生活ではなく、これまでの歴史にさらに積み重ねをしたい。

土蔵を建てたい。

■融資と伝統を守るしくみ
融資と伝統保護